コーヒー の 常識 非常識
Q1
A1
Q2
A2
A3
Q3
Q4
A4
Q5
A5
 「 うちのコーヒーは 水 にこだわっているから、美味しいコーヒーですよ 」と言うような言葉を耳にしたことはありませんか?


 水は大きく分けて、硬水と軟水に分けられます。簡単に言えば、水に含まれるカルシウムやマグネシウムの量が多いものを硬水、少ないものを軟水としています。

 硬水でコーヒーを抽出すると、主要成分であるカフェインや良質のタンニンの抽出が妨げられる為、コーヒーの味が損なわれる場合があります。それゆえコーヒーの抽出には、軟水が適しているといわれています。

 でも日本の場合は、水道水自体が軟水なのです。それにもまして、以前より水道水は改良され独特なカルキ臭なども減り、飲みやすくなってきているようです。

 コーヒーを淹れるのには、新鮮な水道水を使った沸かしたてのお湯で十分なのです。
 「 うちのコーヒーは、挽きたてだから美味しいですよ 」と言うような言葉を耳にしたことはありませんか?


 
コーヒーにおいて、この「 挽きたて 」という言葉は、より美味しさをそそる言葉です。

 が、挽きたてだから美味しいコーヒーが出来るとは限りません。

 一つ覚えておいていただきたい事は、「 コーヒーの大敵は酸化にある 」と言うことです。

鮮度を保ちできるだけ酸化を防ぐ為に豆のまま保存し、挽きたてにしているのです。既に酸化しきってしまったコーヒー豆を使って、いくら挽きたてにして淹れても悪いコーヒーしか作れません。

言葉だけにつられず、鮮度の良い豆を使用しているかどうか見極めてください。
 「 うちは サイフォン で淹れるから美味しいコーヒーですよ 」と言うような言葉を聞いたことはありませんか?


 コーヒーを サイフォン で淹れる演出効果は、コーヒー自体を空想の世界でも美味しいものだと思わせる程にすごいものだと思います。

 しかしながら、サイフォン=美味しいコーヒーだとは限らないということです。

 ここで「ペーパードリップ」の場合と「サイフォン」の場合との抽出の簡単な比較をしてみると

 「ペーパードリップ」の場合、濾過層効果が得られ、注湯温度の調節や様々な調整がしやすい。しかし、調整には、ちょっとしたコツ等が必要となり味にバラツキが出やすい。

 「サイフォン」の場合、高温抽出に頼る為、抽出オーバーになりやすい。濾過層効果が得られない。しかし、演出が巧みで、初心者でも平均した味が出せ、ペーパードリップに比べ少し平坦な味になる。

 と言った具合です。

 コーヒーは嗜好品ですので、人によって好みの味が違ってもおかしくはありません。ただ、他の抽出方法とどのような違いがあるのかを良く見極めて美味を探って頂ければと思います。

 勿論、サイフォンで本当に美味しくコーヒーを淹れているお店も沢山あります。
 コーヒーを飲むと眠れなくなる、カフェイン のせい?


 カフェインには、中枢興奮作用など、眠気覚ましの効果があります。ですから厳密に言うと眠れなくなるというのは本当です。

しかしながら、コーヒー1杯に含まれるカフェインの量は、0.1グラム程度と微量です。緑茶より少ないとされていますが、本当にごく少数の敏感な方が眠れなくなっている可能性はあります。

 ここで、一つ勘違いしないでほしい事は、「 カフェイン=眠れなくなる 」のではなく、カフェインのせいだと思っているのですが、実はその他の要因で眠れなくなっている方も大勢いらっしゃると言う事です。

一つの事例は、カフェインには胃酸の分泌を高める作用があり、健康な人は消化促進になり良いのですが、胃酸過多などの人には症状を悪化させる要因になり、眠れなくなる方もおられるようです。
 
胃が弱っている時にコーヒーを飲んで気分が悪くなり眠れないと言う人が、カフェインだけのせいにしている事例です。

 又、もう一つの事例は、コーヒー豆の鮮度によるものです。

直射日光と高温多湿を避ければ、コーヒー豆の美味しく飲める賞味期限は、「豆で7日・粉で3日・淹れて30分」です。コーヒー豆は焙煎直後から酸化が始まっており、一定期間が過ぎると酸敗し、味も香りも変わってしまいます。

カフェインのせいで眠れないのではなく、酸敗したコーヒーが胃にもたれて眠れないのです。

 鮮度と品質にこだわった新鮮なコーヒーを飲むことで、これが解消されたという例は多くあります。
 コーヒーを飲むと、「 気分が悪くなる 」、「 胸がもたれる 」といった言葉を耳にしたことはありませんか?


 A4の中でも取り上げましたが、コーヒーを飲んで、気分が悪くなるとか、胸焼けをする要因の多くは、そのコーヒーの鮮度や品質に問題があるといっても過言ではありません。

焙煎してから長期間たった、古くて酸敗したコーヒーを飲むとその症状がよく現れます。

簡単に分かりやすく言うと、「 腐ったコーヒー 」を飲んでいるのです。

腐ったものを口に入れて、気分が悪くなったり、胸がもたれたりするのは、動物である人間の反応として当然の事と考えると、ご理解頂ける話だと思います。

 コーヒーの様々な効能を理解して、鮮度と品質にこだわった新鮮なコーヒーを飲むことで、全て解消されるはずです。

 しかしながら、もともと体質に合わない方や、健康でない方にも、そのような症状があらわれる事がありますので注意して下さい。

後へ

TOP  へ